内観

工夫次第で欠点なんて感じない|狭小住宅は安さも魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

和風住宅を極める

一軒家

長く受け継がれる伝統の技

ハウスメーカーが手がける住宅は、デザイン性や居住性にさまざまな工夫がなされています。多くの人はそうした新しいタイプの現代風住宅に満足しているものです。その一方では、伝統的な和風住宅に住みたいという人も少なくありません。そうした和風住宅を極めたい場合には、宮大工に家を建ててもらうという選択肢もあります。宮大工は神社仏閣など日本の伝統的な建築物の補修や新築を手がけており、釘を使わない木組み工法が基本です。最近では鉄筋コンクリート造りの寺院なども増えてきましたが、まだまだ伝統的な建築方法への需要も少なくありません。宮大工の集団では、棟梁から弟子へと受け継がれてきた伝統の技が現在にも生きています。独特の技術は千年以上の伝統を持つと言われており、鉋や釿・墨壺など多くの道具を使う点も大きな特徴です。独自の木組み工法は強度に優れており、この工法で建てられた神社や寺院の中には何百年もの歴史を持つ建造物が少なくありません。宮大工の高度な技術は神社仏閣だけでなく、一般の和風住宅の建築にも生かすことが可能です。宮大工の中には住宅の建築に携わっている人も多く、伝統の技が個人住宅にも使われているのです。

伝統工法による和風住宅

このような伝統工法による和風住宅を建てようとする人が、宮大工に直接依頼するのは簡単でありません。一般の住宅メーカーでは、必ずしもこうした伝統工法を採用しているとは限らないのです。和風住宅を極めようという人は、伝統工法に通じた工務店や建設会社を探す必要があります。宮大工系統の工務店や建設会社が見つかれば、最高の和風住宅を建てる道が開けます。工務店や建設会社の中には、文化財の修復や神社仏閣建築を手がけているところもあります。そのような業者であれば住宅を建てる際にも宮大工の伝統技術を生かすことができるのです。新築の場合はもちろん、住宅のリノベーションや改築を考えている人の間でもこうした伝統工法が注目されています。宮大工の技術は内装の形で活用することも可能です。住宅の外観は洋風でも、内装に和風の趣向を持ち込みたいという需要は少なくありません。家全体を建て替えるのは高額な費用がかかりますが、リノベーションなら比較的安い費用で純和風の内装が実現できます。日本人の心に馴染みやすい和風住宅は、現代でも多くの人に愛されています。宮大工の建てる和風住宅は、長く住み続けることで良さを実感できるものなのです。