家

工夫次第で欠点なんて感じない|狭小住宅は安さも魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

工夫してある家

インテリア

欠点を感じない

東京は場所にもよりますが土地の値段が高く、広い家を建てるにはそれなりの資金が必要になってきます。しかし一軒家を持つ夢をあきらめないようにして建てられているのが狭小住宅で、様々な工夫で建てられています。最も簡単に解消するには3階建など高さで狭さを克服する方法で、狭小住宅の基本になってきます。東京でありがちな狭小住宅は、暗くて風通しが悪くて眺めが悪いという欠点を補うための工夫がされています。こういった場合には上部からの光を上手に取り入れる事を考えてつくられていて、天井部分の素材を工夫しています。そして窓も大きいのが特徴になっていて狭い土地でありながら工夫してあり、吹き抜けも風通しなどに大変有効です。

素晴らしい長所がある

狭小住宅の利点は何と言っても予算を抑える事が出来る点で広い家よりは安く済むので経済的です。東京の23区内は特に地価が高いのでどうしても住みたいエリアがある場合に安い金額で建てられるという大きなメリットがあるのです。また狭くても間取りが自由に設定できる工法もあり、家族構成などを考えて部屋をレイアウトする事が出来ます。また耐震耐久タイプの家を提供してくれる会社が多いことも人気の理由になっていて、いくつもの会社が競争しています。また建てた後の固定資産税も安く済むのが狭小住宅の大きな特徴なので東京のように物価の高い所では助かります。狭い中でいろいろな工夫が出来るのも魅力なので、かなり個性的な家になるのも人気の理由になります。

和風住宅を極める

一軒家

伝統的な和風住宅に住みたいと考えている人は、宮大工に家を建ててもらうことを検討してみる価値があります。宮大工は神社仏閣などの建築を手がけており、長く受け継がれてきた伝統の技を持っています。誰でも簡単に利用できるわけではありませんが、宮大工系統の工務店や建設会社に依頼すれば和風住宅を極められます。

もっと読む

希望のエリアで家造り

間取り図

神奈川県内は海や山に囲まれていながら、生活に便利なおしゃれな商業施設も多いことから人気のエリアです。都心方面へのアクセスもよいため、注文住宅によってこの地を終の棲家にしたいと考えるひとが多いのです。依頼する場合には神奈川の風土や気候を熟知した地元のハウスメーカーに依頼することをおすすめします。

もっと読む

住宅を考えてみよう

家

新築物件には、最新の構造で安全な家作りがされている、そして新しい設備が搭載されているという特徴が見られます。また埼玉で新築物件を購入する際、中古物件よりもローンの返済期間を長く設定することも可能です。

もっと読む